コンテンツにスキップする

米テスラで副社長がまた退社、供給管理担当のオコナー氏-関係者

From
  • オコナー氏は2015年にアップルからテスラに移籍
  • 数週間の期間にテスラを去る上級幹部として少なくとも5人目

テスラでまた別の副社長の退社が、事情に詳しい複数の関係者の話で明らかになった。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は上級幹部流出に歯止めをかけるのに苦慮している。

  非公開情報を理由に匿名で語った関係者によれば、この副社長はグローバル供給管理担当のリアム・オコナー氏。テスラの担当者は取材の要請に今のところ応じていない。テスラの株価は20日、通常取引終了後の時間外取引で一時下落した。

  2015年3月にアップルからテスラに移籍してきたオコナー氏は、ここ数週間のうちに同社を去った、あるいは退社する少なくとも5人目の上級幹部。テスラでは今月に入って最高会計責任者のほか人事、コミュニケーション部門の各責任者が辞め、10月上旬には世界財務担当副社長のジャスティン・マカニア氏が退社する予定だ。

  マスク氏は今月、社内の人材を活用して上層部を立て直そうと社員の昇進を相次いで発表。中でも、ジェローム・ギレン氏の自動車部門社長への起用が注目を集めた。この新設ポストにはテスラ車のサプライチェーン管理の役割が含まれるため、ギレン氏がオコナー氏を監督する立場になった可能性がある。

  テスラの株価はニューヨーク時間午後6時27分(日本時間21日午前7時27分)現在、0.3%安の297.35ドル。

原題:Tesla Is Said to Lose Supply Management VP in Latest Exit (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE