コンテンツにスキップする

ドイツ連銀総裁:ECBの政策正常化、長い道のりが控えている

欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーのバイトマン・ドイツ連邦銀行総裁は20日、ECBは金融政策正常化の長い道のりに直面しており、どこで終わるかは分からないと述べた。

  来年任期が切れるドラギ総裁の後任候補の1人と見られているバイトマン氏は、緩和的な政策姿勢によるリスクをあらためて指摘。将来のインフレ動向を巡る不透明性は後退したとの認識を示した。

  バイトマン氏は独紙ハンデルスブラットとのインタビューで、「金融政策が正常化に差し掛かろうとしているのは事実だ」と発言。「だがこれは長い道のりで、大きな困難が伴う。その正確な終点はまだ定義されていない」と続けた。

  次期ECB総裁への就任意欲を問う質問には正面からは答えず、ECB総裁職は欧州機関のいくつかの主要人事の一環として議論され、来年半ばに決定されるだろうと語った。

原題:Weidmann Sees a Long Road Ahead for ECB Policy Normalization(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE