中国が報道検閲強化、当局肝いりの人材プログラム-米国で参加者逮捕

  • 「千人計画」参加のGEエンジニアをFBIが8月に逮捕
  • 「中米貿易戦争」や「#MeToo」、ワクチン不祥事も報道禁止

中国政府は国営メディアに対し、当局が肝いりで始めた海外在住の有能な中国系の人材を募るプログラムについて報道することを禁じた。事情に詳しい関係者が明らかにした。プログラム参加者の1人が先月、米連邦捜査局(FBI)に逮捕されことが影響しているもよう。

  「千人計画」と呼ばれるこのプログラムは、中国経済でイノベーション(技術革新)を必要とする分野に貢献できる海外に住む中国人を集めるため、当局が2008年に導入した。

  関係者が匿名を条件に述べたところによれば、このプログラムに関する報道禁止は、「中米貿易戦争」や米国発のセクハラ告発ムーブメント「#MeToo」、中国国内での粗悪ワクチン不祥事、貸し手と借り手をインターネット上で結び付けるピア・ツー・ピア(P2P)融資プログラムの欠陥に言及することを禁じた最近の命令に次ぐもの。

  中国の外務省と国務院情報室にこうした検閲についてファクスで問い合わせたが、今のところ返答はない。

  海外における中国のイメージ悪化についての懸念が政府内で広がっており、今回の命令はこれを反映している。特に欧米の各国政府は中国からの投資に疑念を強めており、オーストラリアは中国による干渉が報じられる中で、外国からの内政干渉を阻止する法律を制定。トランプ米大統領が仕掛ける対中貿易戦争では中国側のスパイ活動懸念があらたな焦点となりつつある。

  FBIがニューヨーク州で8月に逮捕・起訴したのは米ゼネラル・エレクトリック(GE)のエンジニアで中国系米国人のシアオチン・チョン被告(56)。08年にGEに入社した同被告は蒸気タービン技術関連の仕事をしていたが、GEの企業秘密を盗んだ罪に問われている。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)はチョン被告の弁護士は起訴内容について争っていると伝えた。

  12年に千人計画に加わった同被告は、米中間を頻繁に行き来し、中国でタービン技術に特化した2つの企業を設立していた。このプログラムに参加した少なくとも別の2人が今年、米司法当局に拘束されている。

原題:China Said to Censor Term ‘Thousand Talents’ as Spy Fears Grow(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE