超長期債が大幅安、予想外のオペ減額で警戒感強まる-長期金利0.13%

更新日時
  • 新発40年債利回りが1%超え、昨年11月以来の高水準
  • 意図的に金利を上げようとしていると捉えられかねない-SBI証

債券市場では超長期債が大幅安。日本銀行がこの日に実施した国債買い入れオペで超長期ゾーンの買い入れを減額したことから、金利の先高警戒感が強まり売り圧力が掛かった。

  21日の現物債市場で、新発20年物の165回債利回りは日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値より2.5ベーシスポイント(bp)高い0.645%と、昨年4月以来の水準まで上昇。新発30年物59回債利回りは4bp高い0.89%と昨年10月以来、新発40年物11回債利回りは一時5.5bp高い1.045%と昨年11月以来の高水準をそれぞれ付けた。

  SBI証券の道家映二チーフ債券ストラテジストは、「今日のオペ減額は市場で想定されておらず、意外感があった。金利が下がっているような環境ではない中で、減額したことで日銀が意図的に金利を上げようとしていると捉えられかねない」と指摘。「来週にも超長期ゾーンのオペが予定されており、再び減額の可能性が警戒されやすい」とみる。

  長期金利の指標となる新発10年物国債の351回債利回りは、0.5bp低い0.11%で寄り付いたが、午前10時10分の日銀オペ通知後は水準を切り上げ、午後には0.13%と8月3日以来の水準まで上昇した。

  長期国債先物市場で中心限月12月物は前日比2銭高の150円20銭で取引を開始。いったん150円26銭に上昇したが、日銀のオペ通知後は下げに転じ、一時150円00銭と日中取引ベースで8月3日以来の安値を付けた。結局は13銭安の150円05銭で引けた。

日銀オペ

  日銀はこの日の国債買い入れオペで、残存期間25年超の買い入れ額を500億円と前回から100億円減額した。その他は10年超25年以下が1800億円、1年超3年以下が3000億円、3年超5年以下が3500億円にそれぞれ据え置いた。応札倍率は25年超が前回から上昇した一方で、他のゾーンは前回を下回った。

  岡三証券の鈴木誠債券シニアストラテジストは、「円安・株高が進んでいることが日銀の安心感になっていた上、長期金利も大幅な上昇にはなっていないので、超長期債の減額は想定されていたが、今日は20年債入札の翌日で減額はないと安心していた参加者が多かった」と指摘。「これまでの減額パターン通り、超長期ゾーンから始めて、様子を見ながら10月には10年ゾーンの減額もあり得る」と言う。

過去の日銀オペの結果はこちらをご覧下さい。

新発国債利回り(午後3時時点)

前日比
2年債-0.110%横ばい
5年債-0.055%+1.0bp
10年債0.130%+1.5bp
20年債0.645%+2.5bp
30年債0.890%+4.0bp
40年債1.040%+5.0bp
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE