テックビューロ:約67億円相当の仮想通貨が消失ー顧客資産45億円

更新日時
  • 入出金対応用のホットウォレットから不正に送金
  • フィスコが50億円支援、テックビューロ株の過半取得などを検討

仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」を運営するテックビューロ(大阪市)は20日、同社が管理する約67億円相当の仮想通貨が外部からの不正アクセスにより消失したと発表した。

  同社の発表によると、常時ネットワークにつながった入出金対応用の「ホットウォレット」を管理するサーバーに対し、今月14日午後5時から7時頃までに外部から不正なアクセスがあり、仮想通貨「ビットコイン」、「モナコイン」、「ビットコインキャッシュ」が不正に送金された。17日にはサーバー異常を検知し、翌18日ハッキング被害が確認された。約67億円相当のうち、同社の資産は約22億円相当で、残りの約45億円が顧客の預かり資産となる。

  金融庁はこの問題を受けてテックビューロに対し、通貨消失後の顧客対応や原因究明状況などについて報告するよう求めており、報告を受け中身を検証した上で、早ければ20日中にも実態把握のための立ち入り検査に踏み切る方針だ。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  不正アクセスによる仮想通貨流出問題をめぐっては、1月にもコインチェックが顧客から預かった仮想通貨「ネム」約580億円分が不正に流出していた。各社は安全対策の強化に乗り出していたが、ネットワーク強化の難しさが浮き彫りとなった。

  テックビューロは同日、顧客に対する補償を行う財源確保や安全対策の強化のため、フィスコ、カイカの2社と基本契約を結んだ。フィスコは子会社を通じてテックビューロに50億円を提供するほか、同社株式の過半数を取得する資本提携や過半数以上の取締役の派遣などを今後検討していく。フィスコの株価は20日、一時前日比20%高と5月26日以来の日中上昇率となった。

(第3段落に金融庁の動きについて追加しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE