コンテンツにスキップする

8月消費者物価0.9%上昇、伸び拡大-ガソリンや宿泊料寄与

更新日時
  • 生鮮食品とエネルギーを除く全国コアコアCPIは0.4%上昇
  • 今後は原油価格が下落し、物価押し下げに寄与とみずほ証・上野氏

総務省が21日発表した8月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除くコアCPI)は前年比0.9 %上昇と前月の伸びを上回った。市場予想と同じ。

キーポイント

  • 全国コアCPIは前年比0.9%上昇(ブルームバーグ調査の予想中央値は0.9%上昇)ー上昇は20カ月連続、前月は0.8%上昇
  • 生鮮食品とエネルギーを除く全国コアコアCPIは0.4%上昇(予想は0.4%上昇)ー前月は0.3%上昇
  • 総合CPIは1.3%上昇(予想は1.1%上昇)-前月は0.9%上昇


2%目標には距離

背景

  物価の基調は引き続き弱い。相次ぐ自然災害による生鮮食品の値上げが長期化すれば、消費心理の悪化や節約志向の強まりから他の商品価格に下押し圧力となる。生鮮食品を含む総合CPIの上昇率は、含まないコアCPIを2カ月連続で上回った。

  日本銀行の黒田東彦総裁は19日の金融政策決定会合後の記者会見で、「できるだけ早期に2%を達成すべく金融緩和を進める」と改めて表明。達成後は「大幅な金融緩和を続ける必要はなく、出口が議論になる」と述べた。安倍晋三首相も14日、異次元緩和を「ずっとやっていいとは全く思っていない」と述べている。

  ただ政府からは物価を下押しする動きも出ている。共同通信によれば、菅義偉官房長官は8月、携帯電話料金が4割下がる余地があると発言。総務省は値下げを検討する有識者会議を設置する。料金が4割下がれば消費者物価の前年比上昇率は約1ポイント低下するとの試算もあり、前日銀審議委員の木内登英氏は「政府はもはや2%の物価目標を重視していないことは明らかだ」と14日付リポートで指摘した。

エコノミストの見方

  • みずほ証券の上野泰也チーフマーケットエコノミストは電話取材で、今後は原油価格が下落し、物価押し下げ方向に寄与するとの見方を示した。円高もあり、コアCPIは「0%に近いほうに戻っていく」と分析している。
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券景気循環研究所の宮嵜浩シニアエコノミストは電話取材で、「エネルギーや食料品が押し上げている構図に変わりなく、楽観視はできない」と指摘。「日本の個人消費は生鮮食品の値上がりに脆弱」とした上で、「夏場の自然災害による生鮮食品の値上がりが秋以降の消費の下押し要因になり、ひいては物価を下押しするリスクもある」と話した。

詳細

  • 上昇はガソリン(16.2%)、生鮮野菜(15.5%)、宿泊料(10.2%)。下落は携帯電話通信料(3.7%)
  • コアCPIの調査対象523品目のうち上昇品目数は258(49.3%)と、2013年11月以来の50%割れ
  • トマト、キャベツ、きゅうり、ピーマンなど生鮮食品の値上がりは、北海道や東北の日照不足や低温、全国的な少雨、猛暑の影響と総務省担当者
  • 宿泊料の値上がりは調査日がお盆と重なった特殊要因、9月には影響なくなる
(エコノミストコメントを差し替え、詳細を追加しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE