コンテンツにスキップする

米大統領:FRB理事にネリー・リャン氏指名へ-ホワイトハウス

更新日時
  • 元FRBエコノミストとして金融安定性担当部署を率いた経歴
  • 現在はブルッキングズ研究所のシニアフェロー

ホワイトハウスは19日、トランプ大統領が連邦準備制度理事会(FRB)の理事に元FRBエコノミストのネリー・リャン氏を指名する方針であることを発表した。就任には上院での承認が必要。

  リャン氏は現在、ワシントンのブルッキングズ研究所のシニアフェロー。FRBでは、2008年の金融危機後に創設された金融安定性の政策と研究を担当する部署を初代トップとして率いていた。

  漸進的なペースでの米利上げや世界的に低水準にある長期金利を背景に、投資家は一段と高いリターンを求めてさらなるリスクテークに動いており、米金融当局は金融リスクの高まりに直面している。

  連邦準備制度では少なくとも4人の当局者が、市場急落に備えて防御を一層固めるため、銀行の資本基準を強化するようFRBに訴えており、リャン氏が理事に就任すればこの問題を巡る議論で大きな発言力を持つことになる。

  元FRBスタッフエコノミストで、マクロポリシー・パースペクティブズ創業者のジュリア・コロナド社長はリャン氏について、「素晴らしい人選だ。金融市場に非常に精通し、規制枠組みの改革で当局の取り組みを主導した」と語った。

原題:Trump Plans to Name Former Fed Economist Nellie Liang to Board(抜粋)

(リャン氏の経歴の詳細を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE