コンテンツにスキップする

アマゾンがレジなし店舗最大3000店開設計画、21年までに-関係者

更新日時
  • 同社は最も適切な店舗の形態を依然試している段階
  • コンビニやサンドイッチショップなどにとって脅威となる可能性
An turnstile entrance to the Amazon Go store is seen in Seattle, Washington, U.S.

An turnstile entrance to the Amazon Go store is seen in Seattle, Washington, U.S.

Photographer: Mike Kane/Bloomberg
An turnstile entrance to the Amazon Go store is seen in Seattle, Washington, U.S.
Photographer: Mike Kane/Bloomberg

米アマゾン・ドット・コムはレジのない新しいタイプの店舗「アマゾンゴー」を数年内に最大3000店をオープンさせる計画を検討中だ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。積極的かつコストがかさむ事業拡大で、セブン-イレブンのようなコンビニエンスストアやサブウェイ、パネラ・ブレッドといったサンドイッチショップ、 小さなピザ屋、タコスを売る移動販売車にとって脅威となる可能性がある。

  ジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)はアマゾンが実店舗での買い物体験を新たに考案する際に、慌ただしい都市部での食事時の時間の浪費をなくすのが最善策だと考えている。ただ、セブン-イレブンのように新鮮な総菜や種類が限られた食料品を販売するコンビニか、英国に本拠を置く「プレタ・マンジェ」のように急いでいる人が短時間で食事を取れる店舗がいいのか、最も良い店舗の形態をまだ実験している段階だ。関係者の1人が語った。

  アマゾンの広報担当者はコメントを控えた。同社は2016年、シアトルにある本社近くにレジのない初の店舗をオープンした。その後、シアトルでさらに2店舗、シカゴで1店舗の開設を発表している。新しい店舗のうちの2つはサラダやサンドイッチ、スナックの限定的な品ぞろえで、素早く食事を取るためだけの選択肢というコンセプトを試している。アマゾンゴーの第1号店を含む他の2つの店舗は少ない種類の食料品を扱っており、コンビニにより近い形態だ。

  買い物客はスマートフォンのアプリを使って店内に入り、入場ゲートでスマホをスキャンさせた後、サラダや飲み物、スナックの中から欲しいものをつかんで、そのままレジで立ち止まることなく店の外に出る。センサーやコンピュータービジョン技術が買い物客が取ったものを検知して自動で請求する仕組みで、レジ待ちの列はない。

原題:Amazon Said to Plan Up to 3,000 Cashierless Stores by 2021 (1)(抜粋)

(3段落目以降に店舗の仕組みなどを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE