ゴールドマン、テスラ担当バンカーのディーズ氏を投資銀責任者に

更新日時
  • ティーズ氏昇格はソロモン氏のCEO就任控えた首脳陣刷新の一環
  • グレッグ・レムカウ、マーク・ナックマン両氏と共に責任者に就任

ゴールドマン・サックス・グループはウォール街をリードする同社投資銀行部門の責任者にダン・ディーズ氏を起用する。デービッド・ソロモン氏がゴールドマンの最高経営責任者(CEO)に就任するのを前に同社では首脳陣交代の動きが広がっている。

  ゴールドマンの従業員向け文書によると、テスラやスナップなどの法人顧客を担当してきたディーズ氏(48)は、同社で最も収益性の高い投資銀行部門をグレッグ・レムカウ、マーク・ナックマン両共同責任者と共に率いる。ディーズ氏は、同部門共同責任者でゴールドマンの社長兼最高執行責任者(COO)に今月指名されたジョン・ウォルドロン氏の後任となる。

ダン・ディーズ氏

写真家:Michael Buckner /ゲッティイメージズ

  ソロモン氏は来月CEOに就任するのを前に、全社的に首脳陣を入れ替えて新体制の構築を進めている。ディーズ氏は現在、ピート・ライアン氏と共にテクノロジー・メディア・通信グループ担当責任者を務めている。

  ゴールドマンの広報担当者はディーズ氏の昇格を確認した。

  ディーズ氏は1992年にゴールドマンに加わった。同社の最高意思決定グループのメンバーで、99年のゴールドマンの新規株式公開(IPO)に取り組んだチームにも所属していた。アジアでの勤務を経て2014年に米国に転勤。モバイル決済会社スクエアの15年11月のIPOでゴールドマンが主幹事を務めた際に貢献したほか、最近ではテスラとの関係構築に向けイーロン・マスクCEOへの助言にも携わっていた。

原題:Goldman Picks Tesla Banker Dees to Co-Run Dealmaking Franchise(抜粋)

(ディーズ氏の詳細な経歴を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE