売りは終わりか-新興国債券ETF、1年3カ月ぶりの大幅資金流入

  • iシェアーズJPM現地通貨建て新興国債ETFに1.7億ドル流入
  • ドル上昇の中で4月初め以降で総資産は約25%減少していた

現地通貨建て新興国債の値動きに連動する上場投資信託(ETF)が18日、2017年6月以来の大規模な資金流入を記録した。5カ月にわたって混乱が続いた資産クラスに、投資家が慎重ながらも戻りつつある兆しを示している可能性がある。

  61億ドル(約6850億円)規模のiシェアーズ・JPモルガン・現地通貨建てエマージング・マーケット債券ETFは4月初旬から総資産のおよそ4分の1を失っていたが、この日は1億6900万ドルが流入した。

  ブラックロックは今週、ドルが一時的なピークを付け、特異的なリスクが後退したとの見方から、新興国債券は「絶好の買い参入機会」だと指摘していた。

原題:Sell-Off Over? EM Fund Just Lured Biggest Inflow Since June 2017(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE