タイ中銀、政策金利を1.5%に据え置き-政策委で意見割れる

  • 7人から成る政策委員会では5人が据え置きを支持
  • ブル-ムバーグ調査では21人が据え置き、3人が利上げを予想

タイ銀行(中央銀行)は19日、政策金利の1日物レポ金利を1.5%に据え置いた。世界的な貿易摩擦に加え、通貨バーツの上昇が輸出のリスクとなる中で、過去最低に近い水準に政策金利を維持することを決めた。

  中銀声明によれば、7人から成る政策委員会では5人が据え置きを支持し、2人が1.75%への利上げを主張した。

  ブルームバーグがエコノミスト24人を対象に実施した調査では、21人が据え置きを予想、3人が0.25ポイントの金利引き上げを見込んでいた。

原題:Thailand Holds Key Rate as Currency Defies Emerging-Market Rout(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE