コンテンツにスキップする

イタリア:五つ星がトリア財務相狙い撃ち-ポピュリスト政策の原資要求

  • 選挙公約だった最低所得保障のための100億ユーロなど求める
  • 五つ星議員らは財務相に支出を認めさせるための文書準備と報道

イタリアのポピュリスト政権を構成する「五つ星運動」は、選挙公約だった最低所得保障などの政策を実践するための資金を求め、トリア財務相への圧力を強めている。

  同党党首のディマイオ副首相は、所得保障のための100億ユーロ(約1兆3100億円)を含む280億ユーロ規模の予算調整を目指していると、イタリア紙、コリエレ・デラ・セラが報じた。同氏の案に基づくと財政赤字は国内総生産(GDP)の2.5%になるという。

  トリア財務相は欧州連合(EU)規則が定める1.6%の赤字比率を死守しようとしているが、五つ星の議員らは所得保障のための支出を財務相に認めさせるための文書を準備していると、スタンパ紙とレプブリカ紙が報じた。

  トリア財務相は予算についての予備協議で、所得保障のために10億ユーロの追加支出以上は認めない姿勢を示しディマイオ氏はいら立ったとスタンパ紙が報じている。

  ディマイオ氏は18日遅くに、「まじめな閣僚なら(ポピュリスト政策のための)資金を何らかの方法で捻出しなければならない」と述べたと、ANSA通信が報じた。ディマイオ氏はトリア氏の辞任に向け圧力をかけたとの報道を否定したが、トリア氏は17日に、求められれば辞任するとディマイオ氏に述べたとスタンパは報じた。

原題:Italy’s Five Star, Eyeing More Spending, Renews Tria Attacks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE