コンテンツにスキップする

ヘッジファンド、特売場のような手数料引き下げの時代は終わった

PwCとオルタナティブ投資運用協会(AIMA)の調査によると、ヘッジファンドの手数料がこれ以上下がる可能性は低い。

  調査に答えた欧州・北米・アジアの140の運用会社のうち4分の3以上が、運用管理手数料をこれ以上引き下げる計画はないと答えた。買い手市場の中で投資家は手数料に相当大きな下押し圧力をかけることが可能だったとPwCとAIMAは指摘。

  「多くの代替投資運用会社は株式の上昇相場の中で手数料を引き下げてきたので、既にマージンを骨まで削った状態だと感じているところもあるだろう」とした上で、「新技術への投資や数値化可能な投資スキルを巡る競争激化で運用会社の営業費用は増している。短期的に手数料が大きく下がることはないだろう」と結論付けている。

Getting Strategic

Rank the key drivers for selecting investments in the order you think an investor would place them

Source: PwC/AIMA Global Alternatives Distribution Survey 2018

Note: Respondents were asked to rank multiple options. Numbers represent a weighted frequency of rankings awarded to each option.

原題:Hedge Funds Say the Days of Bargain-Basement Fees Are Over (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE