コンテンツにスキップする

今回はボラティリティーに賭けず-危機中に巨額稼いだヘッジファンド

  • 08年のような急上昇した状態、長くは続かないとディグル氏
  • 当局には流動性供給の用意-コンピューター取引の増加も影響

金融危機中にボラティリティーを巡る賭けで27億ドル(現行レートで約3000億円)を稼いだヘッジファンドの共同創業者、スティーブン・ディグル氏は、中央銀行が異例の緩和措置を解除しつつあるにもかかわらず今は、危機時のような乱高下を予想していない。

  現在はファミリーオフィスのバルペス・インベストメント・マネジメントを率いるディグル氏は、世界各国政府と中銀は自分たちを「資本市場の守護者」と考えており、10年前の危機時のような価格変動を防ぐために流動性を供給する用意があると指摘した。コンピューターやアルゴリズム取引の増加も変動を抑えると述べた。

  同氏はインタビューで、「今後は総じて、流動性が今までほど極端に潤沢ではなくなるだろうから、ボラティリティーは幾分高まるだろう」とした上で、しかし「2008年のような急上昇した状態が長く続くことはないだろう」と語った。

Policy makers smother price swings thanks to crisis-era stimulus

原題:This Time Round, Hedge-Fund Veteran Is Shunning Volatility Bets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE