コンテンツにスキップする

EUがWTO改革案、紛争処理機能を強化へ-米のコミット維持狙う

  • 改革案は補助金是正ルールの強化、WTOの監視機能向上も目指す
  • 20日のジュネーブでの会合で貿易相手国に提案の内容を伝える

欧州連合(EU)は、第2次大戦後に米国がその構築に寄与した国際貿易秩序へのトランプ米政権の関与をつなぎ留めるため、世界貿易機関 (WTO)の改革案の概要を公表した。

  EUの行政執行機関である欧州委員会のマルムストローム委員(通商担当)は、貿易をゆがめる補助金是正ルールの強化、紛争処理制度の機能不全回避、WTOの監視機能向上に向けた改革案を示した。カナダが主催する20日のジュネーブでの会合でEUの貿易相手国に提案の内容を伝える予定。

  マルムストローム委員は18日に電子メールで配布した声明で、「世界は変わったが、WTOは変わっていない。今日のグローバル経済の課題に対処可能な制度に改めるために行動すべき時期が訪れている」と訴えた。

原題:EU Rushes Out Proposals for WTO Revamp Amid Trump Trade Pressure(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE