コンテンツにスキップする

今年最も期待外れの株式銘柄はテンセント-時価総額1080億ドル失う

  • 年初来下落率は22%-投資家は利益モメンタム鈍化や規制を懸念
  • アナリストの大半は強気-目標株価平均は1年で42%上昇余地示唆

今年の世界の株式取引で、投資家を最も失望させている銘柄は中国のテンセント・ホールディングス(騰訊)だ。

  ブルームバーグが集計したデータによると、アナリストの大半が投資判断「買い」を付与し時価総額が1000億ドル(約11兆2300億円)を超える世界の企業10社のうち、テンセントの年初来下落率は最悪だ。利益成長モメンタムを維持できず、中国当局の規制でゲーム業界に暗雲が垂れ込める中、同社の株価は香港市場で年初から22%下落。時価総額で1080億ドルが吹き飛んだ。

  テンセント株は2004年の取引開始から6万4000%上昇し、今年1月に474.60香港ドルの最高値を更新したばかりで、急激に反落したことになる。それでも、MSCI新興市場指数で5%近いウエートを占める同銘柄への強気スタンスを修正するのにアナリストらは消極的だ。目標株価の平均は451.10香港ドルで、今後1年で42%の上昇余地があることを示唆している。

       

会社名年初来騰落率(%)時価総額(10億ドル)*評価コンセンサス
テンセント・ホールディングス-22%3884.9
アンハイザー・ブッシュ・インベブ-17%1814.57
中国工商銀行-13%2694.69
サムスン電子-11%2584.76
中国建設銀行-9.2%2094.93
フェイスブック-9%4644.5
アリババ・グループ・ホールディング-7.9%4124.94
コムキャスト-7.7%1694.58
中国平安保険(集団)-7.4%1694.93
貴州茅臺酒-4.4%1184.97

* ブルームバーグの基準で「5」は全員が「買い」を勧めていることを表す

原題:World’s Most Disappointing Stock Is Tencent, Losing $108 Billion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE