イタリア債が下落、予算案巡りディマイオ副首相とトリア財務相が衝突

  • 財務相は引っ込んでいればいいと副首相が発言とスタンパ紙
  • イタリア10年債利回りは17日に約1カ月ぶりの水準に低下

イタリアのディマイオ副首相が予算案を巡ってトリア財務相と衝突した。財務相の将来に再び不透明感が強まり、同国債は下落した。

  18日の欧州債市場で、イタリア10年債利回りは前日の低下から反転して上昇。スタンパ紙によると、17日夜に開かれた重要閣僚会議ではディマイオ副首相が提案した最低所得保障に閣僚らが承認に消極的な姿勢を示したと、同副首相が述べた。

  連立与党の一角を占める五つ星運動を率いるディマイオ氏は「こうした状況が続くようなら、トリア氏には引っ込んでいてもらって構わない」と語ったと、スタンパ紙は伝えた。

  ロンドン時間午前8時18分(日本時間午後4時18分)時点で、イタリア10年債利回りは前日比2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.87%。17日は2.84%と、8月8日以来の水準に低下していた。イタリアのポピュリスト政権は予算編成に当たり欧州連合(EU)の規則を守るとの楽観から、同国10年債利回りは月初から17日までで約40bp低下していた。

原題:Italian Bonds Slide as Tempers Flare Over Budget Proposals(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE