コンテンツにスキップする

中国株上昇:終盤に大きく上げる、政策期待で-香港株も高い

  • 上海総合指数、1.8%上昇-香港ハンセン指数は0.6%高
  • 貿易戦争の影響に対抗するための政策に期待感-孫建波氏

18日の中国株式相場は上昇。取引終了に向け大きく上げた。米国による対中追加関税の悪影響を打ち消すための措置を中国政府が講じるとの期待が広がった。

  上海総合指数は前日比1.8%高の2699.95で終了。一時は0.3%安となる場面もあった。中国紙の経済参考報が中西部や都市圏の交通インフラ整備に向けた支援策を打ち出す公算があると報じたことから、工業関連銘柄が買われた。政府系資金が市場に投じられたとの観測も相場を押し上げた。深圳総合指数は1.7%上昇した。

The Shanghai Composite Index surged in afternoon trading

  チャイナ・ビジョン・キャピタル・マネジメントの孫建波社長(北京在勤)は「貿易戦争の影響に対抗するため中国がインフラ投資を増やし内需を刺激することに投資家は賭けている」と述べた。

  香港株式市場ではハンセン指数が0.6%高で引けた。本土銘柄から成るハンセン中国企業株(H株)指数は0.9%上げた。

原題:China Stocks Jump in Afternoon Trading in Rebuff to Trump Levies(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE