コンテンツにスキップする

ルノー・日産・三菱、グーグルOSを車内情報・娯楽システムに採用

From
  • 「より良いシステムを構築するため、われわれは力を結集する」
  • 「スマホを忘れても、車内で完璧に機能する」-3社連合幹部モス氏

フランスのルノー日産自動車、三菱自動車から成る3社連合(アライアンス)は、多くの乗用車メーカーが避けようとしていることをあえて行う。車のダッシュボードを米アルファベット傘下のグーグルに委ねることだ。

  3社連合はグーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」をダッシュボードに展開するインフォテインメント(情報・娯楽)システム用のOSに選んだと発表した。アンドロイドに準拠した一連のアプリも直接搭載される。

  多くの乗用車メーカーはスマートフォンを接続した場合のみ、「アンドロイド・オート」や米アップルの「カープレイ」をダッシュボードで利用できるようにしている。

  3社連合のコネクテッドビークル担当グローバルバイスプレジデント、カル・モス氏は「より良いシステムを構築するため、われわれは力を結集する」と説明した上で、グーグルのOSについて「スマホを忘れても、車内で完璧に機能する」と述べた。

原題:Renault-Nissan Teams With Google and Lets Android Into the Dash(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE