コンテンツにスキップする

クオンツとヘッジファンドが米国株をリスクにさらす-JPモルガン

  • 株式ロング・ショート戦略、米株へのエクスポージャーが過去最高に
  • クオンツとヘッジファンドのポジション解消で、相場下落増幅も

人間が運用するヘッジファンドとロボットによるクオンツ運用が同じくらい米国株に強気であることにJPモルガンは警鐘を鳴らしている。

  米国株が過去最高値を更新する中、動きの速いファストマネー投資家が1月の「メルトアップ」局面のようにポジションを積み上げている証拠が増えつつある。

  株式ロング・ショート戦略のヘッジファンドでは、S&P500種株価指数に起因するリターンの割合から判断して、同指数に対するエクスポージャーが過去最高に達した。

  一方、JPモルガンによると、クオンツ運用の2つの戦略であるリスクパリティーとスタティスティカル・アービトラージのファンドのリターンは、米国株との連動性がこれまでになく高くなっており、2月の株価急落前の水準に近い。

  こうしたことから、次に来る株価下落はクオンツとヘッジファンドがポジションを手放すことで増幅される危険性が高まっている。

Hedge fund beta hits record high for S&P 500

  JPモルガンのストラテジスト、ニコラオス・パニギリツオグル氏らは14日のリポートで、「機関投資家の米国株のポジションはかなり高まっており、1月の水準と大差ないことをわれわれの分析は示唆している」と分析した。

  同行の推定によると、ロング・ショート戦略の運用会社だけで約9000億ドル(約100兆7700億円)の資産を管理。ボラティリティーに応じてエクスポージャーを調節するリスクパリティー戦略は1200億-5000億ドルの範囲と試算している。その他エクスポージャーが高いクオンツ戦略として、さまざまな商品間で統計上の関係から裁定取引の機会を狙うレラティブ・バリュー・マルチ戦略を挙げた。
           

Managers snap up short contracts for VIX futures
relates to クオンツとヘッジファンドが米国株をリスクにさらす-JPモルガン

原題:JPMorgan Sees Stocks at Risk as Quants and Hedge Funds Pile In(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE