コンテンツにスキップする

20世紀フォックスの「ザ・プレデター」が初登場首位-週末の北米映画

  • プレデターの北米興行収入は2460万ドル、予想下回る
  • 「ささやかな頼み」と「ホワイト・ボーイ・リック」は3位と4位

週末の北米映画興行収入ランキングで、20世紀フォックスのSF映画「プレデター」シリーズ最新作「ザ・プレデター」が他の新作3本を抑え、初登場首位となった。

  調査会社コムスコアの17日の発表によると、ザ・プレデターの北米興行収入は2460万ドル(約27億5000万円)。ボックス・オフィス・モジョの予想では、2900万ドルが見込まれていた。

  週末に公開された他の3本のうち、ライオンズゲート・エンターテインメントのミステリー作品「ささやかな頼み」(邦題)とソニー・ピクチャーズの「ホワイト・ボーイ・リック」(原題)はそれぞれ3位と4位。「不屈の男 アンブロークン」の続編「アンブロークン:パス・トゥ・リデンプション」(原題)は10位だった。

Top 10 Films
All Films Year To Date
Top 10 Film Grosses

原題:‘Predator’ Reboot Leads Box Office Despite Shortfall (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE