コンテンツにスキップする

ネスレ、ガーバー・ライフをウエスタン&サザンに売却へ-1730億円

  • ネスレは同社にとって最も収益力の高い事業に注力する方針
  • ベビーフードやベビーケア商品を扱う事業は売却対象外

世界最大の食品メーカー、スイスのネスレはガーバー・ライフ・インシュアランスを株式非公開の米保険会社ウエスタン・アンド・サザン・ファイナンシャル・グループに15億5000万ドル(約1730億円)の現金で売却することで合意した。ネスレは同社にとって最も収益力の高い事業に注力する方針。

  マーク・シュナイダー最高経営責任者(CEO)は17日の発表資料で、「今回の動きは現在進められている当社ポートフォリオ見直しの一環だ」とし、「これによって、中核となる食品・飲料事業や消費者向けヘルスケアに対する投資をさらに進めることが可能になる」と説明した。

  ネスレによると、ガーバー・ライフの昨年の収入は8億5600万ドルで、6月末時点で法定資本およびサープラスは約2億8500万ドル。今回の合意にはベビーフードやベビーケア商品を扱うガーバー・プロダクツ事業は含まれない。ウエスタン・アンド・サザン・ファイナンシャルはガーバーのブランドで生命保険を販売することになる。

  ネスレは物言う投資家(アクティビスト)のダン・ローブ氏から圧力を受けており、消費者向け事業で中核ではないとして保険事業から撤退する方針だと、フランソワグザビエ・ロジェ最高財務責任者(CFO)が2月の電話会議で説明していた。保険事業は資本集約的であり、当局の厳しい監督を受ける。ガーバーは主に子供向けの保険を扱っており、ネスレが2007年にスイスの製薬会社ノバルティスから買収した。

  発表資料によると、売却手続きは18年終盤または19年の早い時期に完了する見通し。

原題:Nestle to Sell Gerber Life Insurance Unit for $1.55 Billion (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE