コンテンツにスキップする

米政府:難民受け入れ上限を約3割削減、19年度は3万人に-国務長官

  • 今年9月末までの18年度の上限は4万5000人
  • 実数は上限に届かない見込み-18年度はこれまで2万1000人受け入れ

トランプ米政権は2019会計年度(18年10月-19年9月)の受け入れ可能な難民数の上限を過去最低の3万人に引き下げる。ポンペオ国務長官が17日発表した。

  18年度の上限は4万5000人だが、実際の受け入れ数はそれより少なくなる見込み。18年度はこれまでに2万1000人が受け入れられている。

  ポンペオ長官は上限引き下げが批判を浴びると想定した上で、どれだけ多くの難民を受け入れることができるかを「世界中の弱者に対する米国のコミットメントを測る唯一のバロメーターと見なす向きもあるだろうが、それは間違いだ」とワシントンで記者団に語った。

原題:U.S. Cuts Refugee Cap Again, by 33%, to Historic Low of 30,000(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE