コンテンツにスキップする

米最高裁判事候補のカバノー氏、性的暴力疑惑巡り24日に上院委で証言

  • 高校時代に性的暴力を受けたと主張する女性も証言する予定
  • 民主党と一部共和党議員が女性の証言を求めていた

トランプ米大統領が連邦最高裁判事に指名したブレット・カバノー氏から性的暴力を受けたと女性が主張していることについて、カバノー氏と女性が上院委員会でそれぞれ証言する。共和党のハッチ上院議員(ユタ州)が明らかにした。

  ハッチ議員によると、上院司法委員会は24日に新たな公聴会を開く。現在カリフォルニア州で大学教授を務めるクリスティン・ブレイジー・フォード氏は、高校時代の1982年ごろにパーティーで、酒に酔ったカバノー氏から性的暴力を受けたと主張しており、同委のグラスリー委員長がフォード氏の証言を求める民主党と一部共和党の議員の圧力に屈した形となった。

  カバノー氏は疑惑を繰り返し否定しており、トランプ大統領は17日、カバノー氏は「自分がこれまで知った最も素晴らしい人」の1人だと述べながらも、指名承認採決を「少し遅らせる必要があるならそうなるだろう」と発言した。

原題:Kavanaugh, Accuser to Testify at Hearing on Sex Assault Claim(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE