コンテンツにスキップする

サウジ政府系ファンド、ルーシッドに10億ドル出資へ-テスラの競合

From

サウジアラビアの政府系ファンド、パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)は、米新興電気自動車メーカーのルーシッドモーターズに10億ドル(約1120億円)余り出資することで同社と合意した。PIFはこれまで、ルーシッドと競合する米テスラの株式を買い増していた。

  PIFは発表資料で、今回の出資合意により、ルーシッドは同社初の電気自動車である「ルーシッド・エア」について2020年の商業ベースでの発売に向けた資金を得ることになると説明した。世界最大の原油輸出国であるサウジは、原油価格の急落を受けて経済の多様化に取り組んでいる。

Ex-Tesla Team With New EV in Works Missing Just One Thing: Cash

「ルーシッド・エア」

出典:Lucid Motors Inc.

  PIFとルーシッドの合意は、テスラを巡る不透明感を強めるものだ。同社のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は8月7日、テスラの株式非公開化のための資金を確保したとツイート。マスク氏はその後、非公開化計画を撤回。一方でPIFが非公開化に関心を示していたとも述べていた。

原題:Saudi Fund to Invest $1 Billion in Tesla Challenger Lucid (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE