コンテンツにスキップする

ドイツ銀行:英事業、EU離脱後も支店として営業-子会社設立を否定

ドイツ銀行は欧州連合(EU)離脱後の英国事業について、支店として業務を継続する計画だとあらためて明らかにした。

  ドイツ銀行広報が17日、質問に対して電子メールで回答した。同行の計画はイングランド銀行の指針に従ったもので、規制当局と協力しながら進めていると発言。英EU離脱で顧客対応に支障が生じることはないと確信していると続けた。

  この回答は、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が16日に報じた内容の一部を実質的に否定した。FTはドイツ銀行幹部の考えに詳しい匿名の関係者の発言として、同行が監督当局の圧力を受け、EU離脱後に英事業を社内の他部門から分離した子会社に改編する公算が大きいと報じていた。

原題:Deutsche Bank Plans to Operate With U.K. Branch After Brexit (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE