コンテンツにスキップする

スペイン首相:早期総選挙の可能性否定せず-方針転換

スペインのサンチェス首相は16日、自身の少数政権が法案通過のために、議会内で政権に賛同する政党と交渉で合意を得られない事態となれば、早期の総選挙の可能性を否定しないと述べた。

  同首相はテレビ局ラ・セクスタとのインタビューで、国民党のラホイ前首相を他の政党の支持を得て失職させたが、こうした支持がなくなれば、総選挙を実施する以外の選択肢はないと語った。

  同首相はこれまで、現在の議員の任期が切れる2020年まで総選挙を行わない姿勢を示しており、方針転換となる。

原題:Spain’s Sanchez Concedes Early Elections Are a Possibility(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE