コンテンツにスキップする

米中通商協議開かれない恐れ、中国が提案拒否検討-WSJ紙

更新日時

米国が中国製品2000億ドル(約22兆4000億円)相当への関税発動を警告する中で、米中間の貿易摩擦の解消を目指す通商協議は開かれない恐れがある、と米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が16日伝えた。

  同紙によると、中国はムニューシン米財務長官らとの通商協議の提案を拒否することを検討中。協議に詳しい当局者を引用している。中国は「頭に銃を突きつけられて」交渉を行う用意はないという。同紙によれば、当局者は報復措置の可能性も検討している。

  事情に詳しい関係者4人によると、トランプ米大統領は13日に中国製品への関税手続きを進めるよう側近に指示した。

  同紙は中国当局者の一部が指導部に対し、素材や備品、米製造業者のサプライチェーンの鍵を握る部品などの販売を制限し、貿易上の争いを強めることを提案するようアドバイスしていると報道。販売制限が中国本土で製造されている米アップルのiPhone(アイフォーン)にも適用される可能性があるとしている。

原題:China, U.S. Talks at Risk Amid Trump’s New Tariff Threat: WSJ(抜粋)

(詳細を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE