コンテンツにスキップする

安倍首相:トランプ大統領は「為替で日本を攻撃したことはない」

  • NYでの初会談「お互いに為替について触れることは危険」
  • 自民総裁選後の人事、G20や東京五輪向け、しっかりした人材登用
U.S. President Donald Trump, right, and Shinzo Abe, Japan's prime minister, in Washington, D.C., U.S, on Thursday, June 7, 2018. 

U.S. President Donald Trump, right, and Shinzo Abe, Japan's prime minister, in Washington, D.C., U.S, on Thursday, June 7, 2018. 

Photographer: Yuri Gripas/Sipa USA
U.S. President Donald Trump, right, and Shinzo Abe, Japan's prime minister, in Washington, D.C., U.S, on Thursday, June 7, 2018. 
Photographer: Yuri Gripas/Sipa USA

安倍晋三首相は16日、米大統領就任前の会談を踏まえてトランプ氏が為替で日本を攻撃したことはないとの認識を示した。

  安倍首相は自民党総裁選の立候補者として出演したNHK番組「日曜討論」で語った。ニューヨークのトランプタワーでの初会談で「お互いに為替について触れることは危険」との話になったとした。その上でトランプ氏について「最初、私と会って以来は為替について日本を攻撃したことはないだろうとこう思います」と語った。

  トランプ大統領は1月25日、CNBCのインタビューで「ドルはますます強くなるだろう。最終的に私は強いドルを望んでいる」と語った。これに先立ちムニューシン米財務長官がドル安に支持を表明しており、ムニューシン氏の発言は文脈から外れて解釈されたと指摘した。

  「日曜討論」で首相は総裁選後の人事については「適材適所」と強調した上で、来年の皇位継承、20カ国・地域(G20)首脳会合、20年の東京五輪に向けて「しっかりとした人材を登用していきたい」と述べた。「ポスト安倍」はたくさんいるとし、「皆さんが切磋琢磨して次の時代、担ってほしい」と語った。

  ロシアのプーチン大統領が日本との平和条約を前提条件なしに年内に実現したいと発言したことについては「専門家の多くは日本がむしろ積極的に受け取っていくべきだという人が多い」と指摘。「プーチン氏は必ずこの問題は解決していくということを言っていた」とし、「11月、12月の首脳会談は重要な会談になっていく」との見方を示した。

  7日告示の自民党総裁選は19日が党員投票の締め切り、20日に国会議員による投票と全体の開票が行われる。14、15両日に地方票を持つ党員・党友対象の共同通信調査では、安倍首相に投票するとの回答は55.5%、石破氏が34.9%。7、8両日の調査より石破氏が追い上げているが、首相は国会議員票で大きくリードしており、連続3選が濃厚な情勢は続いていると分析している。

  同じ番組に出演した石破茂元幹事長はロシアについて「領土に対する強い意識がある」と述べ、「領土を少しでも譲るということは主権を失うこと。そういうことがあってはならない」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE