イエレン前FRB議長:金利を「長期間、低水準に」維持する政策支持

  • 当局は好況時に次の不況に備えて政策を検討すべきだと指摘
  • ブルッキングズ研究所のプレゼンテーションで述べた

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン前議長は14日、ブルッキングズ研究所でのプレゼンテーションで、米金融当局は金利をゼロに引き下げた後で「より長期にわたって低水準に」維持すると約束することにより好況時に景気低迷に備える計画を慎重に検討するべきだとの考えを示した。

  イエレン前議長は、「この戦略によって金融当局はゼロ金利制約時においてかなりの追加緩和を供与することが可能になる」と指摘。これはいったんリセッション(景気後退)が終われば「経済が活況を呈することを実際に約束するものだ」と述べた。

  イエレン前議長はさらに、この戦略が最も効果的に機能するには次の景気低迷に見舞われる前に戦略を支持する「信頼できる声明」を発表することだと語った。

  一方でイエレン氏は、こうした戦略には幾つかのリスクが伴うことも認めた。「インフレ率が長期にわたって2%を超えればインフレ期待を抑制できない可能性があり、好況時の環境が長期間続けば金融の安定を損なう恐れもある」と述べた。

原題:Yellen Backs ‘Lower for Longer’ Rates Plan for Future Slumps (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE