トランプ米大統領、2000億ドルの対中関税を依然として希望-関係者

  • トランプ氏、新たな関税の手続き進めるよう側近らに指示
  • ムニューシン長官、交渉再開に向け中国に働き掛け

Container ships at Yangshan Deep Water Port in Shanghai.

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

トランプ米大統領は13日、約2000億ドル(約22兆4000億円)相当の中国製品への関税手続きを進めるよう側近らに指示した。事情に詳しい関係者4人が明らかにした。ムニューシン米財務長官は貿易摩擦を解決するため、中国との協議再開に向け取り組んでいる。

  ただし、今回の新たな関税の賦課発表は遅れていると、関係者は語った。米政権は意見公募中に提起された懸念事項に基づき修正を検討しているという。

  関係者によれば、トランプ大統領は13日、対中関税について協議するため、ムニューシン長官やロス米商務長官、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表ら貿易関連閣僚と協議した。ムニューシン長官は通商交渉再開に向けた最近の中国への働き掛けを主導している。

  中国製品約2000億ドル相当への関税リストについての意見公募期間は先週に終了。トランプ氏は同関税ついて、「すぐに」賦課されると述べていた。米政府は既に500億ドル相当の中国製品に25%の関税を課しているが、今回の新たな関税はこれに加えて実施されることになる。

原題:Trump Said to Want $200 Billion in China Tariffs Despite Talks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE