ブラックストーンが大型不動産ファンド、2兆円調達目指す-関係者

  • 同社史上最大の不動産ファンドを計画、ディストレスト資産を対象
  • 2015年の前回ファンドでは158億ドルを調達

プライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社の米ブラックストーン・グループは、同社史上最大の不動産ファンドに向けて180億ドル(約2兆円)を調達する予定だ。

  事情を知る複数の関係者によると、すでに不動産投資でPE業界最大手の同社は、前回のファンドと同じく世界のディストレスト資産を対象にするという投資戦略をとる。前回の不動産ファンドでは2015年に158億ドルを調達した。

  公的年金や保険会社といった機関投資家は、インフレから身を守り、株式や債券以外の資産の保有を引き上げる目的で、不動産投資を拡大している。調査会社プレキンによると、不動産に10億ドル以上を配分している投資家の数は増えている。ブラックストーンはこの好タイミングを生かす考えだ。

  ブラックストーンの担当者はコメントを控えた。

原題:Blackstone Said to Seek $18 Billion for Biggest Real Estate Fund(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE