VW取締役会、大型トラック部門上場に向け作業進む-関係者

  • 来週の国際商用車ショーで投資家向け会合開催、来年の上場見込む
  • 上場でダイムラーやボルボに挑む資金を調達へ

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)の取締役会は大型トラック部門「トラトン」の上場決定に向けて作業を進めている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。実現すれば、競合のダイムラーやボルボに挑むための新たな資金を調達できる。

  非公表の協議であることから匿名を条件に語った関係者によると、VW監査役会はこの問題を来週初めに議論する見込みで、トラトンは週後半にハノーバーで開催される国際商用車ショーに合わせて投資家向けの会合を予定している。VWは同部門を来年上場させたい考えだが、正確な時期は市場の状況に左右されるだろうと、関係者は述べた。

  VWはトラトン上場の幹事社などを正式に決定してはいないが、ゴールドマン・サックス・グループとバンク・オブ・アメリカ(BofA)のグローバル・コーディネーター起用が有力だと関係者は語った。別の関係者は、もう1行指名される可能性もあると述べた。

  VWとゴールドマン、BofAはコメントを控えた。

原題:VW Board Is Said to Prepare Next Steps for Truck Unit IPO (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE