米小売売上高:8月は市場予想に届かず-自動車や衣料品減少

更新日時

8月の米小売売上高は、伸びが市場予想を下回った。自動車や衣料品が減少した。

  米商務省が14日発表した8月の米小売売上高は、前月比0.1%増。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は0.4%増だった。7月は0.7%増(速報値0.5%増)に上方修正された。

米小売売上高(除く食品、自動車、建設資材、ガソリン)前月比

出所:米商務省

  自動車・同部品ディーラーは前月比で0.8%減少した。これで3カ月連続マイナス。衣料品店の売り上げは1.7%減と、2017年2月以来の大幅マイナス。一方、ガソリンスタンドは1.7%増。前日発表された8月の消費者物価指数(CPI)統計によると、被服費は前月比1.6%低下、ガソリン価格は3%上昇しており、価格変動が両小売売上高に反映された可能性がある。

  飲食店や自動車ディーラー、建設資材店、ガソリンスタンドを除くコア売上高は前月比0.1%増。市場予想中央値は0.4%増だった。7月は0.8%増(速報値0.5%増)に上方修正された。8月は自動車とガソリンを除いたベースでは0.2%増。7月は0.9%増(速報値0.6%増)に同じく上方修正された。

  統計の詳細は表をご覧下さい。

原題:U.S. Retail Sales Trail Forecasts as Autos, Apparel Decline (1)(抜粋)

(詳細を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE