Photographer: Qilai Shen/

中国経済、8月は勢いが一段と鈍化

更新日時
  • 1-8月の固定資産投資は5.3%増-予想5.6%増
  • 工業生産は前年同月比6.1%増、予想と一致

中国経済の勢いが8月にやや鈍化した。小売売上高と工業生産は底堅かったものの、固定資産投資の減速に歯止めがかからなかった。

  国家統計局が14日発表した8月の工業生産は前年同月比6.1%増。ブルームバーグがまとめた市場予想と一致した。

  8月の小売売上高は前年同月比9.0%増加。市場予想は8.8%増。1-8月の都市部固定資産投資は前年同期比5.3%増で、予想は5.6%増。1-7月は5.5%増えていた。

  今回のデータは、工業生産と消費が若干改善している一方で、政府がここ数カ月で発表した投資促進政策がまだ定着していないことを示している。8月の与信データは全体的に予想よりも力強い内容だったものの、当局によるレバレッジ縮小の取り組みの影響で、銀行融資の伸びは依然鈍化している。

  マッコーリー・セキュリティーズのエコノミスト、胡偉俊氏(香港在勤)はブルームバーグテレビジョンで、「中国経済は緩やかな減速傾向にあるが、現時点ではなお良好だ」と指摘。そのため、「政府はレバレッジ縮小の方向は変えず、ペースだけを変えるだろう」と述べた。

原題:China’s Investment Slowdown Worsens as Industry, Retail Hold Up(抜粋)

(4段落目以降に背景やコメントを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE