コンテンツにスキップする

ヘッジファンド運用者シトロン氏はドル高予想-欧州と新興市場は売れ

  • インドとアルゼンチン除く新興市場を「徹底的に売る」べきだ
  • 相対比較で米国選好ー「資本を預けるのに世界で最良の場所」

運用資産38億ドル(約4250億円)のヘッジファンド、ディスカバリー・キャピタル・マネジメントを創設したロブ・シトロン氏は13日、欧州で「ひそかに何かがバブルのように発生中」だとCNBCに語り、域内資産の売却を投資家に勧めた。

Orphaned Starfish 15th Anniversary Gala

ロブ・シトロン氏

フォトグラファー:Matthew Eisman / Getty Images

  イタリア売りで今年これまでに利益を挙げた同氏は、同国の債務の持続性とポピュリズムへの懸念を改めて表明。また、トルコ資産売りでも利益を出し、メキシコと南アフリカ共和国に対して弱気スタンスの同氏は新興市場について、インドとアルゼンチンを除き「徹底的に売る」べきだと語った。

  インドとアルゼンチンについては「素晴らしい機会に恵まれている」と発言。経済規模で南米2位のアルゼンチンは通貨が今年50%安と「打ちのめされて」いるが、同氏にとって「非常に興味深い」国であることに変わりはないと話した。

  シトロン氏は米国の関税にも言及し、長期的に中国市場にとって「大きな問題」だと指摘。一時的安堵(あんど)感が相場を押し上げる「リリーフラリーが短期的に若干見られると思う」とした上で、「関税発動はいずれやってくる。これは短期的な問題ではない」と語った。

  同氏はドルの上昇を予想し、米国資産をロング(買い持ち)にしている。「世界の中でわれわれは相対的に米国を好む。あなたの資本を預けるのに世界で最良の場所だ」と述べた。

原題:Citrone Sees Dollar Higher, Says Sell Europe, Emerging Markets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE