コンテンツにスキップする

米シアーズ、第2四半期決算は再び赤字-夏場の復調で株価は急伸

  • シアーズCEO:7月と8月の既存店売上高は好調
  • 時間外取引で株価は一時30%上昇し1.57ドルに

小売りの米シアーズ・ホールディングスは第2四半期決算が再び赤字となったが、投資家はひるんでいない。今夏に業績が安定したとの同社の発表を受け、株価は時間外取引で一時30%上昇した。

  シアーズは8月4日に終了した第2四半期に1株当たり4.68ドルの損失を計上。過去12四半期では10回目の赤字となった。業績の主要指標である既存店売上高も減少。しかしエドワード・ランパート最高経営責任者(CEO)は、7月と8月の既存店売上高の好調に勇気づけられたと述べ、「黒字転換目標の達成はまだこれからだ。不採算店舗を引き続き閉鎖しており、近い将来に当社の店舗基盤を意味のあるレベルで安定させられることを期待している」とコメントした。

  シアーズの株価は13日遅くの時間外取引で一時1.57ドルに上昇。同社株は年初以降、13日通常取引終了時点までに約66%下落していた。

  第2四半期の純損失は5億800万ドル(約570億円)。売上高は32億ドルと27%減少した。既存店売上高は3.9%減少したが、前年同期の11.5%減と比べ小幅な落ち込みにとどまった。

原題:Sears Posts Another Loss, But Summer Revival Buoys Shares (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE