コンテンツにスキップする

GMが100万台超リコール、「シルバラード」など-パワステ不具合

1485542561_228890354

Photographer: Daniel Acker / Bloomberg

1485542561_228890354

Photographer: Daniel Acker / Bloomberg

ゼネラル・モーターズ(GM)は、フルサイズのピックアップトラックとスポーツ型多目的車(SUV)、100万台余りをリコール(無料の回収・修理)する。低速で曲がる際に電動式パワーステアリングが急に作動しなくなり、また突然作動し始める不具合に対応する。

  この不具合は電気系統およびソフトウエアの問題によるもので、事故30件につながっているとGMは電子メールで説明。一連の事故で2人が負傷したものの、死者は出ていないという。102万台を対象とした今回のリコールは運輸省道路交通安全局(NHTSA)が13日に発表した。

  リコール対象車種には、ピックアップトラックの2015年型「シボレー・シルバラード1500」、「GMCシエラ1500」や、これらと構造が似ているSUVの「シボレー・タホ」、「シボレー・サバーバン」、「GMCユーコン」、「キャデラック・エスカレード」が含まれる。

原題:GM Recalls 1 Million Pickups, SUVs to Fix Power-Steering Flaw(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE