トルコ中銀が大幅利上げ、政策金利24%にーリラ大幅高

更新日時
  • 1週間物レポ金利を6.25ポイント引き上げー予想は3.25ポイント
  • 利下げ求める大統領に屈せず、「素晴らしい決定」とアッシュ氏
Photographer: Kostas Tsironis/Bloomberg
Photographer: Kostas Tsironis/Bloomberg

トルコ中央銀行は13日、政策金利引き上げを発表した。エルドアン大統領の利下げを求める発言にもかかわらず、予想以上の大幅利上げに踏み切った。通貨リラは上昇した。

  チェティンカヤ総裁率いる金融政策委員会は、1週間物レポ金利を6.25ポイント引き上げ24%とした。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査では3.25ポイントの利上げが見込まれていた。

  エルドアン大統領は中銀発表の2時間ほど前に、金利を引き下げるべきだと発言。それに先立ち、国内での取引での外貨利用を制限する大統領令も出していた。大統領が今年の選挙前に、金融政策への関与を強める意向を表明したことから、トルコ中銀の独立性は疑問視されてきた。

  ブルーベイ・アセット・マネジメントのストラテジスト、ティム・アッシュ氏は「素晴らしい決定だ」と評価し、「トルコ人はリラを守り、市場の信頼を立て直すチャンスを自らつかみ取った」と述べた。

  中銀の発表後にリラは上昇。イスタンブール時間午後2時23分現在は1ドル=6.1604リラ。

原題:Turkey’s Central Bank Raises Benchmark Rate to 24%; Lira Rallies(抜粋)
Turkey Central Bank Raises Benchmark Rate to 24%; Lira Gains (1)

(情報やコメントを追加し相場を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE