コンテンツにスキップする

トランプ氏支えるポピュリズム、金融危機が原因でない-バーナンキ氏

  • 現在の政治動向の起源を10年前の信用市場崩壊に求める考えに異議
  • 一般の人々の不満は過去数十年間にわたり高まっていたと指摘

バーナンキ元米連邦準備制度理事会(FRB)議長は12日、2016年米大統領選でドナルド・トランプ氏を勝利に導いたポピュリズムの躍進や左派の進歩主義者の台頭について、08年の金融危機への米政策当局の対応が引き金となったものではないとの考えを示した。

  バーナンキ氏はブルッキングズ研究所で開かれたイベントで、現在の政治動向の起源を10年前の信用市場崩壊に求める考えに対し、賃金の伸び悩みや社会的地位の向上機会の縮小などを背景に一般の人々の不満は過去数十年間にわたり高まっていたと指摘。経済のメルトダウンとそれに続いた銀行救済は助けにならなかったが、それらが主な要因となったというわけでなく、「前提に誤りがある」と論じた。

  同イベントには、バーナンキ氏と共に最前線で危機対応を指揮したポールソン元財務長官と、ポールソン氏の後任として財務長官に就任したガイトナー元ニューヨーク連銀総裁も参加し、グレートリセッション時の被害を食い止めるために取った措置のほか、その後に講じられた施策が危機再発を防ぐことができるかどうかなどを巡り議論を交わした。

原題:Bernanke Rejects Tie of 2008 Crisis to Trump-Aiding Populism (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE