コンテンツにスキップする

カナダ年金基金とブラックストーンの買収合戦激化-豪インベスタ巡り

  • オンタリオ州公務員年金基金の不動産部門が買収提示額引き上げ
  • インベスタ側はブラックストーン案を支持している

カナダのオンタリオ州公務員年金基金(OMERS)がオーストラリアの不動産会社インベスタ・オフィス・ファンドの買収に向け33億5000万豪ドル(約2680億円)を提示した。米ブラックストーン・グループとの買収合戦がエスカレートしている。

  13日の発表資料によれば、OMERSの不動産部門オックスフォード・プロパティーズ・グループは買収提示額を1株当たり5.60豪ドルに引き上げた。ブラックストーンによる直近の提示額は5.52豪ドル。発表前のインベスタ株は5.54豪ドルで推移していた。

  インベスタを運営するインベスタ・リステッド・ファンズ・マネジメントは資料で、株主に対してOMERSの「一方的かつ拘束力のない」提案に応じず、引き続きブラックストーン案を支持するよう推奨すると説明している。OMERSはカナダ最大級の年金基金で、資産は約1000億カナダ・ドル(約8兆5600億円)。  

原題:OMERS Bids A$3.35 Billion for Investa Office, Topping Blackstone(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE