コンテンツにスキップする

アジアの金持ち、年初来で11兆円失う-株が02年以来の長期売り局面

  • 米国の富裕層は逆に資産を1320億ドル増やした
  • アジアで失われた富の67%は中国と香港の資産家に集中
Wang Jianlin
Wang Jianlin Photographer: Jason Alden/Bloomberg
Wang Jianlin
Photographer: Jason Alden/Bloomberg

億万長者の輩出が最近目立つ地域はアジアかもしれないが、その最高峰にいる人々の資産はこのところ急減している。アジア株が2002年以来の長期売り局面にあることが背景だ。

  ブルームバーグ・ビリオネア指数によると、アジアの富裕層でトップ120人の保有資産は年初来で計990億ドル(約11兆円)減少。対して、米国の上位173人は計1320億ドル増やした。

Region's wealthiest have lost almost $100 billion this year

  アジアで失われた富の67%は中国と香港の資産家56人に集中、1人当たりでは年初来で平均12億ドル減らした。資産を最も減少させたのは大連万達集団を率いる王健林氏で、債務圧縮を目的に同社が資産売却に動いたこともあり、93億ドル減少。次はテンセント・ホールディングス(騰訊)の馬化騰氏で、同社の株価急落を背景に92億ドル失った。

原題:Rich Asians See Crazy Big Losses in Longest Market Sell-Off (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE