プーチン大統領、年末までに平和条約締結を安倍首相に提案

  • 平和条約は「前提条件なし」とすべきだとプーチン大統領
  • 北方領土の帰属問題が日ロの平和条約締結を妨げてきた

ロシアのプーチン大統領は12日、安倍晋三首相に対し、両国が年内に平和条約を締結することを呼び掛ける予想外の提案を行った。

  同大統領はウラジオストクで開催された東方経済フォーラムで、安倍首相も登壇していたステージで聴衆に向けて、「われわれは70年にわたり交渉してきた。安倍首相は、アプローチを変えようではないかと提案してきた」とし、「私の考えはこうだ。平和条約を、今ではないが今年が終わる前に、前提条件を付けずに締結しよう」と語った。

  同条約が、ロシアと日本が対立を解消する方法を引き続き協議する土台になるだろうとプーチン大統領は述べた。安倍首相は直ちには応答しなかったが、聴衆は喝さいした。

  プーチン大統領の提案を日本政府は歓迎しない可能性がある。両国間には日本が北方領土と呼ぶ4島の主権を巡る対立があるためだ。これが解決しないことが、第2次世界大戦後の終了後も両国間の平和条約締結を妨げてきた。

原題:Putin Invites Japan’s Abe to Sign Peace Treaty by Year-End(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE