中国の蔚来汽車株、NYで取引開始ーEVメーカーの需要を測る試金石

更新日時
  • 米国でのIPO、同社を約64億ドルと評価
  • 中国版のテスラとなることを目指す-テンセントも出資

電気自動車に対する世界的な期待が12日、ニューヨークで試される。寄り付き直後は不安定な値動きを示している。

  中国の電気自動車(EV)メーカー、蔚来汽車(NIO)はニューヨーク証券取引所で取引を開始した。テンセント・ホールディングス(騰訊)が出資する同社は新規株式公開(IPO)で米国預託株式(ADS)を1ADS当たり6.26ドルで公開し、約10億ドル(約1110億円)を調達した。

  米テスラ株の乱高下や世界的な貿易摩擦、蔚来汽車の製造能力および利益性をめぐる投資家の不安を背景に、蔚来汽車はIPO価格を仮条件レンジの下限付近に設定した。

  蔚来汽車の初値は6ドル。一時5.35ドルまで下落した後は持ち直し、ニューヨーク時間午前10時51分現在は再び6ドルで取引されている。

  同社を約64億ドルと評価する今回のIPOは、中国版のテスラとなることを争う電気自動車メーカーに対する投資家の買い意欲を測る試金石となる。中国は政府の補助金に支援され、世界最大のクリーンエネルギー自動車市場に浮上した。

EV Gold Rush

China's Tesla wannabes have raised billions before kicking off production

Source: ITJuzi

原題:China’s Tesla Wannabe Tests Investor Taste for Electric Cars (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE