仮想通貨の上昇率1位はジョークから生まれた「ドージコイン」

  • 仮想通貨の弱気相場の中、ドージコインは1カ月で160%上昇
  • 仮想通貨取引アプリで利用可能な通貨に加えられたためという説も

このところ仮想通貨の著しい弱気相場が続いている。仮想通貨全体の時価総額は1月初めにピークに達した後、これまでに約6400億ドル(約71兆4000億円)減少した。一時的に上昇しても、その後には必ず容赦ない売り浴びせが続いた。

  仮想通貨相場を調査するサイト、オンチェーンFXによれば、この30日間で大きく上昇したのは1つだけだったが、それは2013年にジョークから生まれた「ドージコイン」だった。ドージコインは約1カ月間で160%超上昇した。

  ドージコインはどうしてこれほど買われているのだろうか。この問いは、そもそもドージコインになぜ価値があるのかという問題と同じく答えるのが難しい。ツイッターなどで流れているのは、仮想通貨取引アプリ「ロビンフット・クリプト」で7月半ばから利用可能な通貨に加えられたためだという説だ。

原題:The Best Performing Crypto Is the One That’s the Biggest Joke(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE