ビットコイン強気派が冷や汗-最後の砦、今度こそ割り込む恐れ

  • トレンドの転換点を特定するGTI・VERA収束拡散法で分析
  • 7月以降で最長の買いトレンドがちょうど終わったところ
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

仮想通貨ビットコインの最近の不振は全面的な急落に発展し、強気派の最後の砦(とりで)である重要な抵抗線をまたも試す恐れがある。テクニカル指標が示唆した。

  ビットコインは2月以降、6000ドルの節目を4回試し、そのたびに反発。これを割り込めば一段安のシグナルとなり得る。トレンドの転換点を特定するGTI・VERA収束拡散法に基づくと、7月以降で最長の買いトレンドがちょうど終わったところで、一層の下落が示唆される。

  ビットコインは今年に入ってから既に半値以下になっている。仮想資産が広く受け入れられるの先のことになるとの見方が一般的になる中で、機関投資家からも個人投資家からも関心が薄れた。

原題:Bitcoin Bulls Are Sweating Latest Test of Key Resistance Level(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE