コンテンツにスキップする

コーン、ポーター両氏が異議-トランプ政権内幕本の正確性について

  • 前NEC委員長と元秘書官の両氏、具体的には指摘せず
  • アクシオスは9日、トランプ氏が両氏を攻撃する準備整えたと報道

コーン前米国家経済会議(NEC)委員長とホワイトハウスの秘書官だったロバート・ポーター氏は11日、トランプ大統領率いる政権が混乱と内紛に見舞われ無能だと描いたベテランジャーナリスト、ボブ・ウッドワード氏の最新本に異議を唱えた。

  同日発売された新著「Fear(恐怖)」についてコーン、ポーター両氏はそれぞれ、描写が不正確だとする発表文を出した。ただ、具体的にどの部分が間違いかは指摘していない。

  コーン氏はアクシオスに宛てた発表文で「この本は私のホワイトハウスでの経験を正確に描いていない」と指摘。ポーター氏は「大統領と政権についての部分的かつしばしば誤解を招きかねない描写に驚いた」と述べた。同氏は2月に家庭内暴力疑惑で秘書官を辞任したが、疑惑の事実があったと認めていない。

  両氏の発表文にトランプ大統領は気をよくした様子で、大統領はホワイトハウスで記者団に対し、「発表文を有り難く思う。内容が素晴らしい。本は単なるフィクションだ」と語った。

  ポーター氏に具体的にどの部分が間違いで、ウッドワード氏の取材を受けたかを質問したが、返答はなかった。コーン氏には連絡がつかなかった。ニュースサイトのアクシオスは9日、ウッドワード氏に協力したとして、トランプ大統領がコーン、ポーター両氏を公に攻撃する準備を整えたと報じ、11日には両氏が新著の内容に異議を唱えるだろうと伝えていた。

原題:Cohn, Porter Dispute Accuracy of Bob Woodward’s Trump Book(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE