コンテンツにスキップする

中ロ首脳会談、関係強化を誓う-対トランプ政権で結束強調

  • ウラジオストクで今年3回目の中ロ首脳会談が行われた
  • ロシアの大規模軍事演習に中国人民解放軍も参加

ロシアのプーチン大統領と中国の習近平国家主席は11日、極東のウラジオストクで会談し2国間の関係強化を誓った。米国のトランプ政権が中ロ両国に対し圧力をかける中で、ロシアによる冷戦後最大級の軍事演習に中国も参加している。

  プーチン大統領は会談冒頭、「われわれには政治と安全保障、防衛の領域において信頼関係がある」と述べた。

  両首脳共に米国への直接的な言及はなかったが、その後のプーチン大統領と地元当局者との会合で、習主席はロシアと中国が一方的な行動と貿易保護主義に反対することで合意したと強調。「急速に変化する国際情勢と不安定・予測不可能な要因が取り巻く中で、ロシアと中国との協力の重要性はますます大きくなる」と語った。

RUSSIA-CHINA-DIPLOMACY

ロシアのプーチン大統領と中国の習近平国家主席(11日)

フォトグラファー:セルゲイ・チリコフ/ AFP via Getty Images

  
  今年3回目となる中ロ首脳会談は、ウラジオストクで開催されている「東方経済フォーラム」に合わせて行われた。習主席の同フォーラム参加は初。ロシアはここ40年で最大規模となる軍事演習「ボストーク(東方)2018」をウラル山脈から太平洋沿岸に及ぶ広大な地域で1週間にわたり実施中。ロシア軍の兵員約30万人が参加しているほか、中国人民解放軍も3200人と軍用機30機を派遣している。

  プーチン大統領によれば、中ロ間の貿易は今年、過去最大の1000億ドル(約11兆1500億円)に達する見込み。昨年は約870億ドルだった。

原題:Putin, Xi Pledge Closer Ties as Opposition to Trump Unites(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE