コンテンツにスキップする

地元民が住めない高級住宅-中国マネー依存で街並み一変のプノンペン

  • 平均家計所得は年123万円程度-物件買えるカンボジア人限られる
  • 政権幹部の私腹肥やすだけ、国民への恩恵ほぼない-クーゲルマン氏
Residential Apartments In Phnom Penh As Chinese Property Developers Are Transforming Cambodia's Capital
Photographer: Taylor Weidman/Bloomberg
Residential Apartments In Phnom Penh As Chinese Property Developers Are Transforming Cambodia's Capital
Photographer: Taylor Weidman/Bloomberg

カンボジアの首都プノンペンが今経験しているのは、世界で最も急激な不動産ブームかもしれない。高級住宅の建設ラッシュをチャイナマネーがけん引している。
  
  中国の習近平国家主席が自ら提唱する広域経済圏構想「一帯一路」を売り込もうと2016年10月にプノンペンを訪問した際、引き連れていたのは200人余りの投資家だ。巨額の資金を投じ、高層ビルを何棟も建てようと意欲満々の中国人たちだった。

relates to 地元民が住めない高級住宅-中国マネー依存で街並み一変のプノンペン

建設中の高層ビル

撮影:テイラー・ワイドマン/ブルームバーグ

  フランス植民地時代の建物や1960年代の「新クメール建築」として知られるモダニスト的な建造物で有名だったプノンペンだが、今や街並みは一変。かつての面影は薄れ、家計所得(中央値)が年1万1000ドル(約123万円)程度にすぎないこの都市で、歴史ある建物が値の張る高層コンドミニアムに取って代わられつつある。

relates to 地元民が住めない高級住宅-中国マネー依存で街並み一変のプノンペン

中国の神州長城による建設現場

撮影:テイラー・ワイドマン/ブルームバーグ

  
  国際的な不動産会社ナイトフランクのカンボジア責任者ロス・ウェブル氏は「ショッキングな開発ペースだ。高級コンドミニアム市場は確実に過剰供給で、分譲も賃貸も今は減速している」と話す。「こうした物件を購入できるカンボジア人はごく限られており、市場が持続可能であるためには内需が必要だ」と指摘する。

  中国本土の不動産ブームに乗って裕福になった開発会社の担当者や不動産投機を狙う投資家が現代版シルクロードとも呼ばれる一帯一路の関係各国を訪れ、投資向けに一等地を提供する意向のある地元当局を探し回っている。プノンペンは、アジアに広がるそうした投資熱が極端に表面化した一例だ。

relates to 地元民が住めない高級住宅-中国マネー依存で街並み一変のプノンペン

プノンペンの建設現場

写真家:テイラー・ワイドマン/ブルームバーグ

  マレーシアのマハティール首相は先月、中国によるこうした対外投資を新たな「植民地主義」だと批判。同国のナジブ前政権の下で認可された中国勢が主導する1000億ドルのプロジェクトで外国人の不動産購入を禁止する方針を打ち出した。同首相はその後、外国人の購入は可能だが、ビザ(査証)は発給しないと述べた。

relates to 地元民が住めない高級住宅-中国マネー依存で街並み一変のプノンペン

グラティシティー・リアル・エステート・デベロップメントによる「ワンパーク」プロジェクト

写真家:テイラー・ワイドマン/ブルームバーグ

  CBREグループによれば、プノンペンの高級コンドミニアムの平均価格は2018年4-6月(第2四半期)時点で1平方メートル当たり3200ドルと、13年から60%上昇。ビジネス街ダウンペンの地価は地元の出版物で1平方メートル当たり9000ドルと表示されており、14年のほぼ3倍だ。プノンペンのコンドミニアム供給は今年、2万戸を突破し倍増する見込みだとCBREは指摘。東南アジアで2番目に貧しい国にとって、認可されたプロジェクトの幾つかはあまりにも巨大だ。

relates to 地元民が住めない高級住宅-中国マネー依存で街並み一変のプノンペン

プノンペンの街並み

写真家:テイラー・ワイドマン/ブルームバーグ

  米国のシンクタンク、ウィルソン・センターのアジアプログラム副ディレクターを務めるマイケル・クーゲルマン氏は「結局こうした多くのプロジェクトは政権幹部らの私腹を肥やすだけで、国民にはほとんど恩恵がないだろう。カンボジアの悲しい現実の1つだ」と語る。

  最高国家経済評議会のメイ・カルヤン上級顧問はカンボジアは中国の投資を歓迎するが、対中依存が強まりつつあることには懸念していると説明。「将来の問題を回避するためこうした投資を管理する戦略の立案が必要だ。1国による投資の独占を許すべきではない」と述べている。

原題:Addicted to Chinese Money, Cambodia’s Capital Is Transforming(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE