コンテンツにスキップする

中国自動車市場、米系のシェア低下-貿易戦争ではなく競争力欠如か

  • 米メーカーの市場シェアは1-8月に10.7%-前年同期12.2%
  • 反米感情や米国車の不買運動はない-CAAM

中国自動車市場で米メーカーのシェアが低下している。米中貿易戦争による影響ではなく、競争力の欠如が主因だと業界団体は指摘している。

  中国自動車工業協会(CAAM)によると、米ブランドの1-8月の中国市場シェアは10.7%と、前年同期の12.2%から下がった。CAAMの秘書長補佐、許海東氏は北京で開いた11日の記者会見で、フォード・モーターなどが振るわず、タイミングよくラインアップを刷新することができなかったと説明した。フォードの8月の中国販売は前年同月比36%減少した。

  中国の景気減速が自動車需要の重しになっているものの、貿易戦争による同市場への影響は限定的だと許氏は話した。中国の購入者による反米感情や米国車の不買運動はないという。

原題:U.S. Car Brands Losing Share of Stalling Chinese Auto Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE